スッタフブログ

そらまめ保育園(さくら市)まめまき

2024.02.02 日常

そらまめ保育園(さくら市)では、1日早いまめまきを行いました。

節分は「季節の分かれ目」という意味があります。昔は、節分の日で終わり、次の日からは春と言われていました。その季節の変わり目に「鬼」がやってくるんだそうです。そんな鬼を退治するために子どもたちに頑張ってもらいました。

いつもは楽しい行事ですが、今日の豆まきでは、「おに」という言葉が出てくるたびに、子どもたちは何となくイヤーな顔。それでも、にじ組(2歳児)は、少し怖がりながらも、みんなが元気に過ごせるために、「鬼をやっつける!」と頼もしい姿を見せてくれました。

まず、会社に行って会社の中にいる悪いオニを「鬼は外!」という元気な掛け声で豆を投げ、保育園への帰り道では、会社のトラックにも、「鬼は外!」と言って、無事故祈願。保育園に帰って来てからも、登場した鬼に泣く、ほし組(0歳児)つき組(1歳児)に代わって、豆のボールを頑張って当ててくれたにじ組さんでした。

鬼を退治した後は、踊ったり、ゲームをしたり…と楽しい時間を過ごしました。

節分メニューの給食。好きな具材をごはんに乗せたり、にじ組の子は、海苔に巻いたりして、好きな食べ方で食べました。どの子もお代わりをして、いつもよりたくさん食べていました。

福の神を入れたそらまめ保育園。1年間健康に過ごせそうです。


Contactお問合せ

028-612-7035

7:00-18:00

Recruit採用情報

私たちは夢を持った人を応援します

TAKANO通信『ブリッジ』

028-612-7035 (7:00-18:00)